日本テトラパック® の環境活動

「みんなでつくる未来の森キャンペーン」のお知らせ 終了しました

自然の恵みで毎日を豊かに、いつまでも! --あなたの気持ちが南三陸の森林を育てます。

テトラパックリサイクル便の運用会社の1つである日本テトラパック株式会社と国際的な森林認証制度を運営する非営利団体FSC®(森林管理協議会: Forest Stewardship Council®)の日本支部であるFSCジャパンは、11月15日(水)12:00よりオンラインキャンペーン「ACT FOR FOREST(アクト・フォー・フォレスト)-みんなでつくる未来の森キャンペーン-」を共同で実施します。同キャンペーンは、FSC森林認証の意義や仕組みをわかりやすく理解する機会を提供し、「FSC®ラベルがテトラパック社製の紙パックについている」ことの認知を促進することを目的にしています。「ACT FOR FOREST」への参加方法は次の2通りで、キャンペーン特設サイトは、https://actforforest.comです。

「探して撮ってFSC®」
テトラパック社製の紙パックについたFSC®マークを探して写真に撮り、ハッシュタグ「#森を守るマークFSC」をつけてInstagram/twitterに投稿して応募すると、1投稿につき苗木5本分の支援が南三陸森林管理協議会(宮城県南三陸町)によるFSC®認証を取得している森の支援活動に充てられます。

「クイズに答えてFSC®」
特設サイトでFSCに関するクイズに答えて応募すると、正解者の中から抽選で合計30名様に、デンマーク出身で、日本で人気のフラワーアーティストの一人であるニコライ・バーグマン氏による、限定オリジナルクリスマス・フラワーボックス(FSC®認証木箱入り)が当たります。

キャンペーンの背景
テトラパックは、消費者がFSC®ラベルの付いた製品を選ぶことで、適切な森林管理を行う林業者を支援し、森林資源の保護につながる仕組みの構築支援ができると考えており、2014年6月に日本テトラパックが国内で初めてFSC®ラベル付きの飲料向け紙容器の供給を開始したのもその一環です。以来日本でも、FSC®ラベル付き容器は多くの飲料メーカーの賛同を得て飲料包材に採用され、2016年に国内で出荷されたFSC®ラベル付きテトラパック紙容器は約6億パックです。

今回のキャンペーンを実施することで、消費者の身の回りに存在するFSC®ラベルに気が付く方が増え、少しでもFSC®ラベル身近に感じ、また、その意義を考える機会となればという願いから生まれた企画です。

キャンペーン特設サイト:https://actforforest.com

ページトップへ